大うつ病からの回復と僕の生い立ち、そして雑感

大うつ病を克服、回復できた元SEマネージャーSUGARBOYの大うつ病ブログ。鬱病克服の経験談や鬱病精神医療の問題、抗うつ薬治療への提言、僕の鬱病ルーツ分析、テクノストレス体験、鬱病を克服した革命的な方法などを書いてあります

鬱病原因と仕事、職業との関連考察 Part2

Part1はこちら


 この時点で、僕は神経症(メインは鬱病でした)に陥る要素を持っていたし、だからこそ、SE,プログラマの仕事を選んだということ。
見事に鬱病にはまったのは当たり前で時間の問題だったのです。
振り返ってみると、鬱病になるレールだけがずっと僕の半生に続いていたのです。
仕事の選択一つとってもよくわかりました。
こういう分析は岩波先生の神経症克服プログラムのなかでやっていったものです。

 分析すると、自分がよくわかり、鬱病への対処法がしやすくなるし、心がホッとするものです。
鬱病が原因不明でなっているなら、半生を分析してみましょう。

 自己分析って恥ずかしいものだし億劫なものだけど、それを避けていると、わけのわからぬままずるずる落ち込んでいってしまうと思います。
ただ鬱病が最悪の時はあんまりやらないほうがいいかも。
徐々に徐々にやっていったほうがいいかもしれません。
ただでさえ落ち込んでいるのに、落ち込むようなことをする必要はありませんから。

 話は変わりますが、鬱病で自殺した先輩が会社にいました。
勤めていたときに起こった出来事だけど、心の悩みで自殺したと聞かされていたため、鬱病という具体的な症状で死んだとは夢にも思わなかったです。
落ち込んでいて元気がなかったのは知っていたけれど、鬱病という病名だとはのちのちにわかりました。
僕が鬱病に陥って、一時休職すると上司に告げたときに言われたことです。


 この上司はいわくつきの最悪な人間でした。
大嫌いな上司だったし、どう接していいかわからない人でした。

 そういうことがあったから、お前も気をつけろ、と忠告されたときは、当てつけで言っているのか、皮肉かバカにしているのかと思った。おまえも死ねと言っているのかもと病的に思ってしまった。
これはいくらなんでも鬱病特有の被害妄想だろうけど、100%違うとは言い切れない心苦しさとわだかまりがいつまでも心に残っていました。
 
 鬱病はこうやってなんでもマイナスにとってしまう。
よけい人付き合いも疲れるし、何一ついいことなんてない! 
上司は異様に鬱病がこの会社に多いんだよなーといっていた。


 その前にお前が鬱病に陥って会社を辞めてくれ、と思ったが、厚顔無恥そうな奴だから、なりたくてもなれないだろう。
これは繊細で頑張りやだけがなるのが鬱病なんだ! とグダグダ考えていたのを思い出します。
でも、上司も心がストレスですさんでいたと思う。
しがない中間管理職なんだし、閉塞感漂う職場で、プログラマあがりなんだから。

 いまは余裕を持って、そうとらえることが出来るようになりました。
鬱病って、ものごとのとらえ方一つで楽になったりするから、自分を変えていくことも必要だと思います(薬では変えられないから)

 そして、鬱病が全く改善する兆しがないまま、僕は苦しみ続けていました。

 ずっとお世話になっていた心理カウンセラーも僕が改善できた心理・脳内プログラム(岩波先生の神経症克服プログラム)でも、やっぱりSE・コンピュータ・パソコン・プログラムをずっとやっている(そして、人との接触が極端に少ない、苦手な)人が、一番多く来ていると聞いた。
通っている人も僕と似ている人ばっかりだった。
そのことは自分を見つめ直すよいきっかけにもなりました。

 自分の見たくない部分を他人を通してよく見えてしまう。
嫌なことだけど、ありのままの自分を受け入れなければ前進はなかったので、いい刺激になりました。
人を見て自分の鏡にする。
客観性を持って、自分がどれだけやばい境遇にいるかを知ること。
鬱病を治すためにも必要なことだと思います。


 つらくてもきつくても、それで苦しむだけではなく、第三者の客観的な視点で、その辛さ苦しさを見ることができるようになってくると、だいぶ違ってきましたよ(でも、最悪の鬱状態の時、そんな悠長なことを言ってられないのもよくわかります)


次へ Part3へ


鬱病になる原因の考察 Part1
鬱病になる原因の考察 Part2
鬱病になる原因の考察 Part3
鬱病になる原因の考察 Part4
関連記事
  1. 鬱病になった原因考察 僕の生い立ちと大うつ病の理由
  2. | コメント:0
<<鬱病解決法ブログ 鬱病になる原因考察 テクノ依存症と仕事 Part3 | ホーム | 鬱病解決法ブログ パソコンとノイローゼ(鬱病・神経症)の関係について考察 テクノ依存症 Part1 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

僕(SUGARBOY)のプロフ

sugarboy-sato

Author:sugarboy-sato
SUGAR BOYです。こんにちは。

 このブログは、元々『大うつ病からの回復と僕の生い立ち』という僕の大うつ病やテクノ依存症(テクノストレス)の考察やルーツ分析、岩波先生の心理・脳内プログラム(うつ病などを心のコアから治せる心理セラピー)の体験記などを綴ったホームページから端を発しています。

大うつ病やテクノストレス、SEの仕事やメンタルヘルスなことについて考察や雑感を書き記していきたいと思います。なおブログの下へ行けば行くほど古い記事になっています。最初から読みたい人は下の記事から上へ読んで下さい


 前にSE,SEマネージャーをしていましたが、今は会社を辞め、仲間数人とIT関係の会社を立ち上げています。幸いうつ病がぶり返す兆候もなく、また仕事の重圧も人間関係も非常にいい感じストレスも少ない状態です。以前よりもストレス耐性はついていると思いますが。ちなみに株もやってます。なかなか儲からないなー
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ

大うつ病からの回復と僕の生い立ち、そして

「大うつ病から~」へのコメント

コメントありがとうございます

大うつ病からの回復~カテゴリ

大うつ病克服達成! 岩波先生心理療法体験記 (4)
SEという仕事やテクノ依存症 =仕事と大うつ病の関係 (4)
効果的な大うつ病治療について (3)
世の中のメンタルヘルスなこと、大うつ病についてこう思う (1)
ブログ開設の挨拶 大うつ病からの回復 (1)
欝病/うつ病/抑うつ状態の悲惨さと希望のなさ (5)
鬱病になった原因考察 僕の生い立ちと大うつ病の理由 (6)
鬱病のルーツ分析と回復記録 こうして大うつ病を克服した (3)
当鬱病ブログについて (1)
未分類 (0)

大うつ病からの回復~全記事表示リンク

このブログの全記事を読みたい方はこちら

全ての記事を表示する

鬱病などを改善した人のリンク集

僕の鬱病ライフが終焉に向かうにあたり、参考になった有意義なサイトばかりです

このブログをリンクに追加する

sugarboyへのメール

メール待っています。僕の鬱病を改善させた方法について相談に乗っていますので、お気軽にメールを送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:

大うつ病からの回復~検索フォーム

大うつ病からの回復~RSSリンクの表示

大うつ病からの回復~タグ

大うつ病 鬱病 うつ病 欝病 ウツ 抑うつ 鬱病克服

テクノストレス テクノ依存症 SE SEマネージャー